こんなにも違う?日本と海外の歯科矯正の考え方

>

医師選びの方法とそのポイントについて

おススメの歯科医の探し方

真っ先に思いつく方はやはりインターネット検索でしょう。
検索エンジンで探す場合、まとまった数の口コミや評判を探すのなかなか難しく、位置情報や開業日時くらいしか分からない場合も多いのが難点です。
お勧めの方法としては、行きつけの歯科医に紹介状を書いてもらうことが挙げられます。
他の医院の紹介してもらうなんてと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、地域の開業医は専門治療の窓口的な役割も持っているので相談すればきっと良い返事がもらえるはずです。
また、転勤や引っ越しで行きつけの医院が近くにない方や別の伝手を頼りたい方は、大学病院か歯科がある総合病院で相談して紹介状を書いてもらうという方法もあります。
少なくともこれらの大きな病院ではインターネットで得られる情報よりも詳細なデータを持っており、各病院の治療実績や治療内容ついても仔細に聞き出すことができるでしょう。

よりよい歯列矯正を受けるためのポイント

歯列矯正ができる医師を探す上で幾つか押さえておきたいポイントが存在します。
まず歯列矯正は通常の歯科である一般歯科でも治療を受けることはできますが、歯列矯正に特化した矯正歯科の資格を持つ医師の方がより高度な治療を受けることができます。
中でも「専門医」の資格を持つお医者様が良いでしょう。
設備面では複数の矯正器具を扱っているか、特に舌側矯正器具を扱っているかはより高度な治療が受けられるかの重要なポイントとなっています。
頭部X線規格写真での撮影が可能かも確認しておくと良いでしょう。
通常の歯科ではパノラマレントゲンを使って歯の部分しか撮影できませんが、頭部X線規格写真は頭部全体を三次元で立体的な撮影が可能なのでより詳細な検査や診断を行うことができます。


この記事をシェアする