こんなにも違う?日本と海外の歯科矯正の考え方

>

日本と海外の歯列矯正事情

歯列矯正が必要な症例

歯列矯正を受けなければならないのは、多くの場合において不正咬合と呼ばれる状態の場合です。
不正咬合とは歯の噛み合わせが正常にできていない状態のことで、放っておくと日常生活に不具合が生じる危険性も孕んでいます。
不正咬合の中でもよく見られる症例で、心当たりがあるのなら一度歯科医に診てもらうと良いでしょう。
・上顎前突
いわゆる出っ歯。上あごの歯が突出し、下あごの歯とかみ合わなくなっている状態です。
・下顎前突
受け口や反対咬合とも呼ばれています。
上顎前突とは逆に下あごの歯が飛び出ている状態を指します。
・叢生
歯がデコボコに生えて歯並びが乱れている状態で乱杭歯とも言います。
八重歯もこの叢生の症状に分類されます。
・開咬
いわゆるオープンバイトです。
上下の前歯同士をを上手くかみ合わせることができず、恒常的に開いた状態のことを指します。
多くの場合は成長期までに出る症状ですが成人してもしばしば見られる場合もあります。

歯列矯正のメリット

歯列矯正は不正咬合を治すのとほぼ同義です。
つまり不正咬合によるデメリットが解消されることがそのままメリットになります。
具体的には、咬合が正常になることにより唾液の枯渇や口内の乾燥を防ぐことがまず挙げられます。
唾液の枯渇は虫歯や歯周病の原因になり、口内の乾燥は口臭の悪化を引き起こすため口内衛生の改善につながるでしょう。
また、噛み合わせが均等になるので特定の歯に負荷がかかりすぎることを防ぎ、咀嚼も効率的に行うことができるようになるため胃腸への負担を軽減するという副次的な効果も期待できます。
気を付けなければならないのは矯正器具が口内に障ってしまい口内炎を発症したり一時的に咀嚼能力が落ちて虫歯や歯周病のリスクが高まったりする点ですが、しかるべき矯正歯科医で治療を受ければ長期的には確実にプラスになるでしょう。


この記事をシェアする