日本は遅れている?世界基準の歯科矯正の考え方

こんなにも違う?日本と海外の歯科矯正の考え方

日本と海外の歯列矯正事情

歯列矯正の普及が遅れているからと言って、いまいち自分が歯列矯正の治療を受ける理由にはならないと感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 歯列矯正には医学的にもメリットが多く、その一例をここで紹介しますので、治療を受けるか迷っている方は是非参考にしてください。

歯列矯正における日本と海外の比較

私たち自身はあまり意識することはありませんが日本は世界でも珍しいほど歯並びを気にしない国です。 逆に海外では歯並びは何らかのステータスが付随されることが多いようです。 そういった歯並びに関する日本の内情と海外の事情を比較することで改めて見えてくるものがあるかもしれません。

医師選びの方法とそのポイントについて

歯列矯正は長い時間を要することが多く、通例では2~3年ほどかかります。 それだけに自分に合った歯科医師や病院を選ばなければ、なかなか取り戻しが利かないのが実状です。 歯科矯正で失敗しないために、ここでは適切な歯科医院を探すための方法と、より自分に合った病院や医師を選ぶための方法を紹介しています。

知っておきたい歯列矯正

日本の歯科矯正に関しては海外に比べて遅れていると言われています。
遅れていると言っても技術的な面で遅れているわけではありません。
むしろ日本は世界的に見ても歯科の数と割合が多く、競争原理が働いていることもあって優秀な歯科医が多くいると言ってもいいくらいです。
では何が遅れているのかと言うと、歯科矯正があまり一般に浸透していない、つまり普及率という点で遅れているのです。
普及については海外(主に欧米諸国)と考え方や地域の環境の差が大きく出ているのが主な理由となっています。
長らく日本では八重歯はあまり矯正すべきではなく、時としてチャームポイントと見られるものだったことに対して、欧米では古くは悪魔憑きの証とさえされることもあり断固として矯正すべきだという考え方の違いもあり、矯正への姿勢の違いとなって如実に表れているのです。
更に日本人は骨格に対して歯の割合が大きく、また、石灰質の土壌と硬水が中心のヨーロッパに比べて日本の土壌にはカルシウム分が少なく水もミネラルが少ない軟水のため、どうしても歯並びが悪くなる傾向があります。
つまりそのぶん歯科矯正が必要な絶対数が多くなるのですが、日本人全体として矯正に対してあまり積極的でないため、普及率として見たときに海外から大きく後れを取る要因となっているのです。
これはある意味で大らかともとれるのですが、やはり歯の健康を考えると矯正を施した方が良いというのが現在主流の考えとなっています。

おすすめリンク

藤沢の地域密着型の歯科医院

アットホームな雰囲気だから身構えずに通えます!口腔トラブルになる前に行く藤沢駅周辺の歯科医院。